どれくらい摂取すれば効果的か

毎日長く摂取し続けることでじんわりとその効果を発揮する黒酢。
さまざまな効果を持っている黒酢ですが、どの程度の量を摂取すると一番効果的なのでしょうか。
その効果を最大限に活かすために適量を知っておきましょう。

1日の摂取量は

1日の適量は厚生労働省が推奨している1日15ml程度が良いとされています。
15ml〜20mlが適量でしょう。
15mlは大さじ1杯と同じ量です。毎日大さじ1杯の黒酢で動脈硬化予防や生活習慣病予防、高血圧予防など、
さまざまな効果があると言われています。
大さじ1杯の原液をそのまま摂取すると刺激が強すぎますので、好きな飲料で割って飲んでください。

多く飲めば効果もアップするのか

黒酢のさまざまな健康効果・美肌効果を得たいために、ついついたくさん飲んでしまう人がいます。
また、黒酢は通常の酢よりも口当たりが良くまろやかなため飲みやすく、ゴクゴク飲んでしまう場合も。
黒酢の適量は1日15mlから20ml手程度です。
それ以上多く飲んだからといって、その効果がアップするわけではありません。
むしろ胃を痛めたり、場合によってはお腹がゆるくなってしまったりする場合がありますので、飲み過ぎには注意しましょう。

気を付ける事

黒酢はまろやかな口あたりと優しい風味で、酢の中でも飲みやすいと言えます。
ただし、刺激が強く、人によっては合わない場合もあります。
そんな時は無理して飲み続けるのではなく、一旦中止しましょう。
上限は1日約30mlまで。それ以上摂取したからといって、効果がアップするわけではありません。
天然原料の食品ですが、プレママや持病を持っている人などは、念のため医師のアドバイスを仰ぎましょう。